忍者ブログ
RECENT COMMENT
[09/18 アン]
[07/06 345]
[07/06 長一郎]
[07/05 345]
[06/27 ディディエ・ドゥコワン]
RECENT ENTRY

ちょうさんのがははは・・日記

 いらっしゃーい!!疲れた人の心に 潤いをでー。  生きることをたのしまにゃーね。だもんで 精一杯 明るく楽しくいきるがでー。つらいことも くるしいことも わらいで ふっとばそうかいねー。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
BG CHANGE
CLICK HERE!

10.22.16:57

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/22/16:57

03.24.06:50

サヨナラ! 地球上で最も危険な通学路

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。


サヨナラ! 地球上で最も危険な通学路(
GIZMODO)





地球上で最も危険な通学路(
GIZMODO)






溜索(
りゅうさく)というらしいですね。むかし どちらかのテレビで 渓谷の上空にはったワイヤーにへの字型の木をひっかけて ぐおーって そのまんま滑空していくのを見たことがありますけど・・。そういうものなんですねー・・。




  仕事などで 山奥にはいることが むかしは良くありまして すでに人がすんでいないところから 獣道のようなところをとおって さらに奥地に良く入りまし たけど・・。高知県では 海と山が近くてが川もおおいので 小さな古いつり橋がかなりあります・・。しっかりとした作りのつり橋でも微妙なゆれが なれな いとこわいし・・。古くなったのは板がもろくなっていたり こわれていたりするので重量物をもっているときは 神経を使いました。だんだんつり橋もなくな り 丸太をかけていたり 道がなくなり 断崖に張り付きながら足がやっとかかるぐらいのでっぱりを足場にして さらに上流の目的地にいっとりました ねー・・。下界とは空気が全然違う世界で きれいな自然いうよりきびしい自然を感じましたねー・・。

厳しい自然のなかで くらしているひとたちは たくましいのだなー・・。すごいねー・・。




検索してましたら いいろとありました。現地に行った日本の人たちがいるというのもすごい・・ですね・・。



『西南シルクロード紀行』 -第13章-橋ものがたり 
怒江へ



中国旅行記(怒江大峡谷縦断の旅)



Yahoo!ブックマークに登録
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら