忍者ブログ
RECENT COMMENT
[09/18 アン]
[07/06 345]
[07/06 長一郎]
[07/05 345]
[06/27 ディディエ・ドゥコワン]
RECENT ENTRY

ちょうさんのがははは・・日記

 いらっしゃーい!!疲れた人の心に 潤いをでー。  生きることをたのしまにゃーね。だもんで 精一杯 明るく楽しくいきるがでー。つらいことも くるしいことも わらいで ふっとばそうかいねー。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
BG CHANGE
CLICK HERE!

08.18.12:08

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/18/12:08

09.22.11:15

どんぐりころころ・・・。

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。昔話ですかな・・。



「どんぐりころころ・・・。」



この歌を聞く度に わたしのことをうたっているのかなと思うがよ・・。



まだ ひとつになる前の話じゃが・・。昔は大蛇伝説もあった それは山奥で生まれた・・ちょうさん・・。

親父さんは 結核で長く持たないといわれ 爺さんは 寝たままで・・。働き手は お袋さん一人でした。その大蛇が いたかもしれない 山に炭焼き用の木材を切り出しに でかけた お袋が 背中にせおった赤子を籠にいれて丘の上の木の根元にくくりつけておったそうな・・。
さて 汗びっしょりに なり かわいい(今はかわいくないけんどね)あかんぼの顔をみてみようと籠の中をのぞくと・・ありり・・。中身は からっぽですきに さーたいへん・・。たまげたー、うちの子が おらん どこながーっ。周りには すがたかたちもみえやーせん。

下のほうをみると、なにやら ころがっていたような跡があったそうじゃ。こりゃーいかん おおごとじゃと 荷物は おいて とんで下の方に駆け下りたそうじゃ・・。

ずいぶんと下のほうに ちっくと 溝があってのおー・・。ふだんは 水がながれよるがやけど そのときは なかったそうで・・。
まさかこんとこにと みたら・・。そこに足が二本 天向いてばたばたしよったそうじゃ・・。赤子が あたまから みぞんこにはまって 頭は すっぽり溝にはまって ばたばたしよったと・・。泥で くちゃくちゃになっちょったけんど ちゃんと 息しよったそうじゃ・・。

手ぬぐいで 顔のどろをおとしながら 泣きもって よろこんだそうですじゃ・・。まっこと こればーでよかったよかったちゅうてのお・・・。

山の上の木のそばの籠のなかから 這い出そうとしたときに くるっとからだが まわってしもうて 転がり始めて 坂がきついきに そのまんま ころころと下まで ころがって 途中にあった溝まで ころがったに かわらん(らしい)。 

まーそれでも 生きちゅうきに まー運がえい子じゃねー・・と いわれたとか いわれんとか・・。こぶたんが できちょったそうじゃけんどね。

ちょうさん ころころ てんころりーおみぞにはまって さーたいへん・・。ですかな・・。


その後 親父さんの結核は 誤診だったそうで 仕事がない山奥から 家族みんなで おまちに リヤカーに入るだけの荷物をもって でてきたのが ひとつになる前ですきにね。

むかしまっこう さるまっこう・・。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら

どんぐりころころ・・・。

 こん○○は!!ちょうさんですぞね。昔話ですかな・・。「どんぐりころころ・・・。」 この歌を聞く度に わたしのことをうたっているのかなと思うがよ・・。 まだ ひとつになる前の話じゃが・・。昔は大蛇伝説もあった それは山奥で生まれた・・ちょうさん・・。 親...

どんぐりころころ・・・。

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。昔話ですかな・・。 「どんぐりころころ・・・。」  この歌を聞く度に わたしのことをうたっているのかなと思うがよ・・。  まだ ひとつになる前の話じゃが・・。昔は大蛇伝説もあった それは山奥で生まれた・・ちょうさん・・。  親父さんは 結核で長く持たないといわれ 爺さんは 寝たままで・・。働き手は お袋さん一人でした。その大蛇が いたかもしれない 山に炭焼き用の木材を切り出しに でかけた お袋が 背...