忍者ブログ
RECENT COMMENT
[09/18 アン]
[07/06 345]
[07/06 長一郎]
[07/05 345]
[06/27 ディディエ・ドゥコワン]
RECENT ENTRY

ちょうさんのがははは・・日記

 いらっしゃーい!!疲れた人の心に 潤いをでー。  生きることをたのしまにゃーね。だもんで 精一杯 明るく楽しくいきるがでー。つらいことも くるしいことも わらいで ふっとばそうかいねー。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09
BG CHANGE
CLICK HERE!

08.23.07:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/23/07:26

03.16.15:44

誰もがと願うのは

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。



2008/03/15
誰もがと願うのは(アンの気持ち)


アンさん・・すこしは 元気になられましたが、まだまだ こころが明るい方向には お向きでないようで・・。



一般論でのお話ですきにね・・。

みんながみんな幸せになるのが望ましいのですが それはあなたが与えているものではなく それぞれの人のそれぞれの生き方で今がありこれからがあるのだと思われます。それこそ 神のみぞ知るというところなのかもわかりませんね。



 誰も不幸にしたくはないし できれば意見の衝突とかもなく 波風たたないように生きていければ幸せなのですが 不思議な ことに こちはそんな気はさらさらなくても 向こうから強い風や土ぼこりや台風並の風雨となって こちらに向かってくることもあるのです。別に避けること が可能であればそれもよしでしょうけど 身内やご自分を不当な暴力とかいろんなものから守るためには 立ち上がらないといけないときは 必ずあります。
そんなときは 仏の顔も三度までではないのですが 羊とおもわれていようが 心の中の狼を表にだしてでも 戦わなければなりません。それが 生きるということでもあるのでしょうね。
生きていく中で 幼いころから暴力の嵐の中で どっぷりとつかって生きてきましたので ひどい生活をしてきましたけど・・。人を見た目で判断しない。守 るべきことには命がけで立ち向かう。正しいことと思うことは 命をかけて 大きなものにでも立ち上がらないといかののでは・・。などなど子供心にいろんな ことをおもい、それを支えに なんとか悪に染まらずに 今までいきてこれたのかもしれませんね。

よく親御さんがいうことをきいてくれない・・。だから つらいあまり死にたいというお話をいろんなところで ききます。それは大変な今まであったろうと は 思いますが・・。もし ご自分の中でいくら子供であっても 親であろうと間違ったことをいったりされた時に毅然とした態度であなたは 親御さんに そ れは間違っていると抗議なり行動したのでしょうか・・。それがないままで 大人になって 今苦しいだから どうしたらいいのではと言われても なんともし ようがないとおもいます。長い年月の間に まちがっているものは 間違い、きちんと言い合える親子関係を築こうとしなかったあなた自身にも責任はあるので す。相手は大人だからとにげるのは簡単です。それをづつけていく気持ち・こころが大切なのです。そのときだけで解決しないものは時間をかけてでも 継続し 続けることで すこしは なにかできるのです。すべてにおいて解決はできないかもしれませんが・・、あいつは きっちり意見はいう奴だと思わせるぐらいは できるのです。

生きていれば 苦しいことばかりです。私は 子供時代は 悲惨でしたけど 毎日なぐられようと貧乏でも 学校の先生とか友人達・地域の人たちのおかげで ぐれることもなく まっすぐそだったいくことができました。
ある時期まで うそのようにおもったとおりにほいほいといけたのですが・・。あるときから なにをやっても うまくいかないことが延々と続く時期があり ました・・。気が付いたのは いつも まわりのことばかり大切にして 自分自身を大切にしていないということに気が付きました。
それもあって 自分のこころもからだも ぼろぼろになって・・。

それからは 自分のことをもっと大切にしてあげないといかんなと思うようになってきました・・。そうすると もっと自分の心のなかも素直にみえるし人に話をすることが自然にできるようになっていったのです。

それは 自分の心を素直に人にはなすということは 相手の人からは こころを素直に出して話しやすいということにも繋がるようですね。


今の生活、今のあなたの心の状態は 今までのあなたの生き様が 今の形をなしえているのです・・。だれの責任云々もありましょうけど・・。おおきな要因としては あなたの生き方が その要因のひとつなのです。


あなたが どのようにして 人生の岐路の場面で行き先をきめてきたのかは 存じません。ただ きめるのはあなたご自身だったはずです。

人生は二度ありません・・。後悔しない様に生きるためには 自分の人生は自分の力でいきていってるのだとというこをもっと自覚して 生きていくこと いきていかねばなせないということを こころにしっかと言い聞かせないとね。

いままで ある意味 なにかから逃げてきたのかもしれませんが・・。結局のところ 逃げていても どっかで逃げ切れなくなるものです。だったら 逃げず に 物事にしっかとたちむかっていったほうが よいとおもわれます。そのほうが 自分らしく 楽しく明るく生きるためには 必要だとおもいます・・。

急には変えられなくても 意識をすることから始めないとね。


我慢しているだけでは 物事は 変わらないのです。ある意味逃げているのとおんなじことになりますから・・。

泣いているだけでは 幸せには なれないですよ・・。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら

誰もがと願うのは

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。 2008/03/15 [http://annnokimoti.blog109.fc2.com/blog-entry-146.html 誰もがと願うのは]([http://annnokimoti.blog109.fc2.com/ アンの気持ち])  アンさん・・すこしは 元気になられましたが、まだまだ こころが明るい方向には お向きでないようで・・。  一般論でのお話ですきにね・・。  みんながみんな...