忍者ブログ
RECENT COMMENT
[09/18 アン]
[07/06 345]
[07/06 長一郎]
[07/05 345]
[06/27 ディディエ・ドゥコワン]
RECENT ENTRY

ちょうさんのがははは・・日記

 いらっしゃーい!!疲れた人の心に 潤いをでー。  生きることをたのしまにゃーね。だもんで 精一杯 明るく楽しくいきるがでー。つらいことも くるしいことも わらいで ふっとばそうかいねー。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
BG CHANGE
CLICK HERE!

10.22.17:07

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 10/22/17:07

03.27.10:31

夫婦の絆を見直したくなる5冊

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。



2008年03月24日
夫婦の絆を見直したくなる5冊(「話題の本」 /All About)





夫側・妻側、両方の視点から夫婦の絆を考える本をご紹介!



いきていると いろんなことがありますから・・。ひとつのことに あまりに一喜一憂することなく ながーい目でみて 生きることも大切ですね。



 本当に必要な人 大切な人を見つける旅が 人生なのかもしれませんね。それが生きることなのかもね・・。

ひとは立場でいきているわけではないし 世間体で おどらされてはいるかもしれませんが・・。こころで いきているのです・・。こころが しん でしまったら からだは 元気だとしても 生きる気力も何もなえてしまいます・・。そうならないように 生きること 生きていくために ご自分のこころに いつわっていきているのであれば 本当のご自分のこころに素直にいきていくことができるように いちどには 無理でも 少しずつでも 自分のこころの声を きけるように そして それを外にだせるようにしていかないとね・・。そうしないと 生きていくことがつらくなりましょうし・・。生きていることに魅力を 感じられなくなります。当然 うまれたときからひとは修行するために 命をあたえられているようなので 苦しいことがおおいのでしょうけど・・、苦しい中 でも楽しいことすばらしいことを感じられるこころ・人でありたいですよね。

一緒に居たとしても こころがかよいあっていなければ ただの同居人なのです・・。きちんとお互いのこころのバトンをなげあっているのかどうか 忙しいと嘆く前に 足元をきちんとみて 大切なお相手をあなたのころろのなかかから 消してしまうことのないようにね。

愛されるということはすばらしいですよね。そして それ以上に人を愛するということは もっとすばらしいかもね。

そして こころだけではなくて からだも大切なのです・・。こころもからだも愛してあげて 初めて すべてをってことになるのでしょう ねー・・。すべての面で お互いの相性がばっちりの運命の人とであらえるときまで ご自分をみがかれますように・・。手前で我慢しきれず 安易にルックス で選んでしまうと 未来は暗いかもしれませぬぞえ・・。ここしておくようにね。

苦難がおしよせようとも いつでも笑顔は味方してくれます。そういう強くて粘り強いこころをお互いが もてるようになるといいですね。


いろんな本が あると思いますが できうれば読んで 生きる力が わいてきたり、なるほど そうすれば いいのかと 前にすすめることができるとうれしいですね。


Yahoo!ブックマークに登録
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら

夫婦の絆を見直したくなる5冊

 こん○○は!!長一郎 こと ちょうさんですぞね。 2008年03月24日 [http://allabout.co.jp/interest/book/closeup/CU20080324A/index.htm 夫婦の絆を見直したくなる5冊](「[http://allabout.co.jp/interest/book/ 話題の本]」 /[http://allabout.co.jp/ All About])  夫側・妻側、両方の視点から夫婦の絆を考える本をご紹介...

夫婦の絆を見直したくなる5冊

 こん○○は!!ちょうさんですぞね。2008年03月24日夫婦の絆を見直したくなる5冊(「話題の本」/AllAbout) 夫側・妻側、両方の視点から夫婦の絆を考える本をご紹介! いきていると いろんなことがありますから・・。ひとつのことに あまりに一喜一憂することなく なが...